> 頭皮をやわらかくする方法 ゴッドハンドのスゴ技でセルフマッサージ

10月 18日 頭皮をやわらかくする方法 ゴッドハンドのスゴ技でセルフマッサージ


頭皮が固くなると、どんなことが起きるのか?

頭皮が固いと薄毛になりやすいと、聞いたことがありませんか。頭皮の固さと、薄毛には直接的な関係はありませんが、頭皮が固くなると、毛穴が開き、汚れや皮脂が詰まりやすくなります。また、こり固まった頭皮は頭部全体の毛細血管の働きが低下して、血行が悪くなりがち。髪は血液から栄養をもらって育つので、頭皮の血行不良は育毛の妨げとなります。放っておくと髪が痩せて細くなり抜けやすくなるので、頭皮を柔らかくするために早めのケアをしていきましょう。自分の頭皮の状態をチェックするには様々な方法がありますが、頭皮を触る習慣をつけることが大切です。

頭皮触るイメージ画像_枠有

頭皮の状態をチェックする方法

自分の頭皮が固いかどうか?をチェックする簡単な方法は、まず、おでこを指で触って動かしてみましょう。そのあと、指で頭全体を触って動かしてみます。頭皮がおでこを触った時と同じような動きをすれば、頭皮は柔らかく、固くなっていません。頭皮がおでこを触った時の感触より動きにくいと感じたら、頭皮をほぐして、柔らかく動く健康な状態に戻していくマッサージなどのケアが必要です。

自分でチェックする方法が、分かりにくい場合は、美容室に行った時に美容師さんに触って貰って、頭皮の状態を尋ねてみると良いですね。経験豊富な美容のプロなら頭を触っただけで頭皮の健康状態が分かるそうです。

頭皮が固くなる原因

ストレスや運動不足、寝不足は頭皮が固くなる原因と言われています。特に、同じ姿勢で長時間のデスクワークを行う人で、肩こりや目の疲れを感じることが多い場合は、頭皮が固くなりやすいと言われています。

shutterstock_334262690

例えば、枕が合わず、熟睡できていないことが肩こりの原因になっているかもしれません。他にも頭皮に悪い生活習慣として、パソコンやスマホ使用時の猫背、不自然な寝姿勢や、ソファ等で眠ってしまうことがあるという人も要注意です。

頭皮は大切なエイジングケアポイント

頭皮が固いと感じる場合は、育毛に加えトータルな美容として頭皮を柔らかくするケアを行いましょう。特に女性の場合は、お顔と同じように頭皮に触れるお手入れを心がけるべきです。マッサージによって頭皮が柔らかく、柔軟に動くようになれば、頭皮と顔は一枚の皮膚で繋がっているため、表情筋も動きやすくなりシワやたるみ防止も期待できます。

shutterstock_133454144

頭皮を柔らかくするプロのマッサージテクニック

固くなってしまった頭皮を柔らかくするためには、一時的なケアではなく、血行促進につながる習慣をつけることが効果的です。特におやすみ前の入浴時の頭皮マッサージはオススメです。ヘッドスパの施術を受けて、頭皮を柔らかくすることができますが、こまめに通うのは難しいかもしれません。セルフケアで頭皮をほぐす方法を覚えてしまえば、プロのケアでなくても充分に頭皮を柔らかくする効果が期待できます。自分の手による頭皮ほぐしは、力を入れる必要はありません。効果的な手順と簡単にできるハンドテクニックをマスターしておくと良いでしょう。

ただし、頭皮を柔らかくするためのマッサージ方法は、自己流だと力加減が分からなかったり、力を入れ過ぎて頭皮を傷めてしまうこともあるので、プロのテクニックを真似することをオススメします。ヘッドスパのエキスパート樋口賢介氏による「セルフヘッドスパ講座」の動画を公開しています。ゴッドハンドのスゴ技を真似て、効果的な頭皮マッサージの方法をマスターしてください。

セルフヘッドスパ講座

簡単なのに、本格的なセルフヘッドスパ

「頭皮を触ることがとても大切」だと提言している樋口賢介氏のセルフヘッドスパのポイントをまとめておきます。
動画と併せて、頭皮マッサージの参考にしてください。

頭皮を柔らかくする効果的なマッサージの方法

1.こめかみをヒーリングするマッサージ

3本指または2本指を使って、こめかみの部分をクルクルとほぐします。
眼精疲労や血流不足、目のシワやクマに効果的です。

0T2C5725

2.耳まわりをヒーリングするマッサージ

次は耳の回りのリンパ節。
耳の上の側頭部を3本指、または4本指でていねいに、
柔らかくほぐしていきましょう。

0T2C5734

3.手根を使って頭皮をほぐしながら引き上げるマッサージ

手の平の膨らんだ部分、手根を使います。
こめかみの両側で、手根を回転させてほぐし、
最後にぐっと引き上げると、リフトアップの効果も期待できます。

0T2C5822 0T2C5881

4.頭頂部を引き上げるマッサージ

5本指を頭頂部にあて、頭皮を指でつまむように押し上げます。
毛根にも、よい刺激を与えることができます。

0T2C5771

5.首の後ろから頭皮を上に引き上げるマッサージ

最初は首の筋からほぐし始め、うなじの中央のくぼんだところ、
盆の窪(ぼんのくぼ)から後頭部へと触りながら、ほぐしていきます。
(頭皮を柔らかくするために、とても効果的です)
次に、3本指で上の方に向かって、円を描くようにしながら
持ち上げるように頭皮を引き上げていきます。

0T2C5743

6.手のひらを使って引き上げるマッサージ

左右の手の平を上下に揺らしながら頭皮を緩めていきます。
最後にぐっと、上に引き上げます。

0T2C5810

7.後頭部をほぐすマッサージ

首の後ろで両手を組んで、手根で首を挟み
気持ちがいいと感じる程度の力加減で後頭部をほぐしていきます。
後頭部はおでこを支える筋肉なので、柔らかくなると
老け見えの原因になる額のドレープを防ぐ効果にもなります。

0T2C5819

セルフヘッドスパの動作の基本は2点

・「ほぐす」
・「引き上げる」

先ずは、この2つの効果的なマッサージを覚えましょう。
簡単ですが、本格的なプロのテクニックです。

眠る前にマッサージを!

頭皮マッサージは寝る前のお風呂の中でおこなうのがとても効果的です。お風呂では、頭皮が柔らかくなっているので、セルフでもマッサージがしやすいのです。また、ゆったりリラックスした状態で行うことが大切です。柔らかく、そして柔軟に動く頭皮にする美容習慣になるでしょう。

shutterstock_128730419

ご紹介した頭皮マッサージは、美容研究家・樋口賢介氏が考案した「頭筋ストレッチ」の動画レッスンの中で詳しく解説されています。他にも美容に嬉しい効果を生む様々なセルフケアの方法をマスターすることができます。
柔らかく健康的な頭皮をキープするセルフマッサージをバスルームの日課にしてみてはいかがでしょうか。

樋口式「頭筋ストレッチ」の動画レッスンは、本サイトが提供する8つのレッスンムービーをご覧ください。
(会員登録すれば無料で視聴できます)

movie02

頭筋ストレッチ無料視聴のご登録はこちらから
↓ ↓ ↓
https://be-sleep.jp/movie/

ヘッドスパのスーパーゴッドハンドといわれる
樋口賢介氏のスゴ技を短期間でマスターすることができます。


png