> 睡眠前と朝の「ブラシ美容」で髪も頭皮もボディも美しく!

9月 9日 睡眠前と朝の「ブラシ美容」で髪も頭皮もボディも美しく!


リラックスしてベッドに入ることは、良質な睡眠への1歩です。そのためにも寝る1時間くらい前に入浴し、身体を温めましょう。せっかくならその時間を利用して、ドライブラッシングをしてみませんか? 髪やボディにブラッシングすると、美容面で色々と嬉しい効果があるそうですよ。

まずは髪にブラシを

まずは入浴前の乾いた状態の髪に、ブラッシングを。この段階でホコリや汚れをきちんと落としておけば、シャンプー時の洗浄力がアップします。抜け毛などのトラブルを防ぐためにも、まずは毛先から優しく少しずつ始めましょう。
入浴後には、仕上げのブラッシングを。髪をドライヤーできちんと乾燥させ、キューティクルの状態を整えてから行いましょう。キューティクルが開いたままでは、ブラッシングの摩擦で髪にダメージを与えてしまうので要注意です。また就寝中の髪のもつれや乱れを防ぐためにも、毛先までしっかり髪の絡まりをほどいた状態で眠りにつきましょう。翌朝のスタイリングも楽になりますよ。そして朝、起床したらまたブラッシングを。髪に適度なツヤが出ます。

頭皮へのブラッシングも大切

頭皮ケアを意外とお忘れではありませんか? 入浴前に、髪と一緒に頭皮にもブラッシングをしましょう。マッサージ効果から血行が良くなり、その後に入浴すると発汗も促されます。美しい髪の土壌となる頭皮ケアは、今から、継続的に実践していきたいですね。
また頭皮へのブラッシングで肌を傷めないためにも、ブラシの素材にはこだわりましょう。天然素材がおすすめです。ただし、素材に気を使っても、湿ったまま利用していては雑菌を頭皮に運んでしまいます。お気に入りのブラシはこまめに掃除をして、しっかり乾燥させてから使用することを忘れずに。

ボディにもブラッシング!?

ボディにもブラッシングをしましょう。身体用のブラシがなければ、乾布摩擦でもかまいません。タオル1枚で簡単にできて、ボディブラッシングと同じ効果が期待できます。
全身を優しく摩擦することで、血行が促されて副交感神経も優位に。多くの女性を悩ませる、肘の黒ずみや膝のざらつきケアにもオススメです。皮膚が刺激されることで血行が促されれば、冷えの改善も期待できるでしょう。

ボディへの乾布摩擦は昔から続けられている方法で、やはりそれなりの理由があるもの。しっかりと受け継ぎ、賢く活用したいですね。

ブラシ美容は、力加減がポイントです。髪、頭皮、肌を傷めないように優しく行いましょう。衛生面を考慮して、使用するブラシの定期的なケアも忘れずに。

大切なのは、続けることです。どんな美容法も続けることが美しさを保つ秘訣になります。髪も頭皮もボディも優しく愛おしむように磨いて、健康美人を目指しましょう!


png